国内旅行保険の必要性について考える

国内旅行が大好きな私。日帰りの旅行はもちろん、毎月一度は2泊程度の遠出もお財布の許す限りは敢行。おかげで旅費はかなり切り詰めないといけないハメになるので、全く見向きもしたことない国内旅行保険。国内旅行保険の必要性がイマイチ理解できてません…。


国内旅行保険は、旅行先での病気や怪我、事故を補償してくれるもの。確かに国内旅行保険に入ってれば、万が一のとき安心だけど、たかだか数日の国内旅行先で、国内旅行保険のお世話になるようなことがあるとは、なかなか思いもよらなくて。


国内旅行保険は果たして本当に必要なのか?自分なりに考えてみたわけです。で、まずは国内旅行保険の補償例を調べてみました。


例えば、ドライブ中の事故やスキー旅行での骨折。

確かに、これはよくある話。また、旅先で展示品などを壊した場合の補償。うーん、あわやという経験があるような気もする。

さらに自分の持ち物を壊した場合…これは経験済みだった…デジカメ、壊しちゃったもんなぁ(泣)。


旅行保険っていうから、どうしても旅行先で急に病気になったとかそういう想定を勝手にしてましたが、実は普通に起こりうることを補償してくれるものなんだって、今更知りました。あーあ、もっと早く知ってたら私のデジカメは…。


今後は国内旅行保険についても、一考しなくては。特に長距離ドライブや登山、ハイキングなど、国内旅行の内容によっては、国内旅行保険の必要性はさらに高まるものと言えそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52444408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。